干支(十干十二支)

干支とは?みんな勘違いしている本当の意味【十干と十二支】

投稿日:

干支とは?みんな勘違いしている本当の意味【十干と十二支】

突然ですが「干支って何ですか?」と聞かれたら、何を思い浮かべるでしょうか?

子、丑、寅…」と答えられた方、実に惜しい!実はそれだけだと、干支とは言えないのです。

干支は、東洋の占術に触れるなら、正しく理解しておいて損はないもの。また、暦付きのカレンダーを読む時等、日常にも活用できます。

この記事を通しで、ぜひ本当の「干支」に詳しくなってください。きっと、占いや日々の暮らしを今以上に楽しめるようになります!

干支とは?

カレンダー

干支とは古代中国で生まれた暦のこと。日本語では「えと」とも読まれますが、厳密には「かんし」と読みます。

日本では「寅年」「丑年」等、その年を表す際の言葉として有名。でも本当は年だけでなく、日時や方位も表すことができる言葉です。

一部のカレンダーや、お正月にお寺等で頂く暦に「ひのえね」「かのとみ」等、書いてあるのを見かけたことはないでしょうか?あれこそが、干支。

四柱推命等の占いにも欠かせない要素となっています。

十干と十二支、全60種類の組み合わせ

干支は、「十干」と「十二支」という2つの要素を組み合わせて作られます。

  • 十干:1~10までを表す言葉
  • 十二支:子から亥までの12通り

単純計算すると10×12で120通りになりそうなのですがそうはいきません。

ためしに、紙に1~10までの数を縦書きにしてみてください。その後ろに、子から順に干支を書いていくと…、「戌・亥」の2つが余りますね。

その余った2つは、次の1~10までのセットの頭にあてがわれます。そうすると次のセットは「申・酉・戌・亥」の4つがさらに次のセットに送られ・・・となるわけです。

結果として十干すべてに、10個ずつの干支をあてがった、全60種類で終了します。

干支は十二支のことだけを表す言葉ではない

十干という皮で、十二支という名のあんこを包んだ、60種類のお饅頭

ここまで読んでくださった方にはもうお分かりかと思います。

本来は、十干と十二支をセットにしたものこそが、干支。十干という皮で、十二支という名のあんこを包んだ、60種類のお饅頭に例えられます。

十二支だけでは、あんこのみといえるでしょう。特に占いをしたいのであれば、十支も使えて損はありません。

でも、日本で誰もが知っているのは十二支だけ。十干は占いや神事、不動産にかかわる人くらいしか、詳しくないのが現状です。

十二支だけが日本で一般化した理由

近代に近づくにつれ、西洋化が進んだのが1番の理由でしょう。特に、時間やカレンダーは、西洋発祥の基準に合わせてきた歴史があります。

ちなみに、怪談でよく聞く「草木も眠る丑三つ時」。

この丑三つ時は2時~2時半を指します。「待ち合わせは2時!」と比べると、だいぶ手間もとるし、時間の幅も大きいですね。

また、平安時代には既に、方角を十二支のみで表すことがあったよう。つまり、古くから十干よりも、十二支の方が重用されてきた歴史があるのです。

先ほどの丑三つ時も、十干は使わず、丑しか使っていないですよね。

さらに、比較的身近な動物の名前をあてがわれた十二支の方が、十干よりとっつきやすかったという背景もあるようです。

干支は英語でChinese zodiac

Chinese zodiac

zodiacは、西洋占星術で使われる言葉。黄道上にある十二宮の星座の一覧を表します。

ただ、Chinese zodiacは十干十二支ではなく、十二支を表す言葉として用いられる模様。双方とも、要素がちょうど12個ずつだったので、この単語をあてがったのかもしれません。

ちなみに、Chinese zodiacの他にも、以下のような言葉で表現されます。

  • Chinese astrology
  • twelve horary signs
  • Japanese zodiac

Astrologyは占星術という意味、 horaryは時間に関する形容詞です。中国発祥の概念ではありますが、Japaneseと冠されることもあります。

干支動物 十二支の英語対応表

日本語 英語
Rat
Ox(cowも可)
Tiger
Rabbit(hareも可)
Dragon
Snake(Serpentも可)
Horse
Ram
Monkey
Rooster(Cockも可)
Dog
Boar

基本的には、日本で一般的に使われている動物名でOK.

丑は雄牛、鶏は雄鶏、卯は野うさぎなのが、少し違っているところです。蛇に関しては、Serpentだと毒蛇になります。

ただ、会話の中であれば、どちらを使っても通じることが多いでしょう。

ちなみに、十二支に採用されている動物は国によって異なります。ベトナムでは水牛、モンゴルでは豹等が入るそう。

上記の表はあくまで日本の十二支の対応表となります。

西洋での認知度は低いので説明が必要

子どもの頃「亥年よりも、戌年に生まれたかったな」なんて会話をしたことのある人も少なくないはず。それくらい、十二支は日本で浸透していますが、西洋ではあまり有名なものではありません。

日本には還暦=干支が1周すると、生まれ直すという概念があります。輪廻転生という概念もありますね。

つまり、時は流れればまた元に戻る、ループを描くような形で、時の流れを捉えているのです。

キリスト教を旨とする国では、時は1方向に流れるという考え方が多数派なので、干支の考え方は浸透しづらいのかも知れません。文化の違いといったところでしょう。

そのため、もし十二支や干支を、西洋出身の方との話題にするならば、丁寧な説明が必要となります。

本当の干支「十干十二支」を詳しく知る

陰陽五行と宇宙のイメージ

ここからは本当の干支、つまり十干十二支を構成する、十干と十二支について、詳しく解説します。

「難しそう!」と敬遠しないで。理解できれば、四柱推命等の占いの結果が、より深く理解できるようになるはず。

「漢字だらけで、占い師さんの解説を聞くのがやっと」という状態も脱却しやすくなるでしょう。自分なりの視点で、結果を見やすくなるはずです。

その他、暦を読む時や、外国人のお友達、お子さんと話す際にも活用できるでしょう。

十干とは

もとは、数を数える時や、1ヵ月を3等分するのに使われた言葉です。そこに、中国発祥の陰陽五行論が結びついています。

基本的な要素は、森羅万象を表す、五行論の木・火・土・金・水。銘々に陰陽論と結びつく「兄と弟」という2つの要素があてがわれます。

兄は「え」弟は「と」と読むのが特徴です。それぞれ、連想できる森羅万象のものがあてがわれているので、簡単な性格占いもできます。

名称(読み) 特徴
甲(きのえ) 木の兄。大きな植物。
乙(きのと) 木の弟。草等。
丙(ひのえ) 火の兄。太陽。
丁(ひのと) 火の弟。焚火等、人が起こす火。
戊(つちのえ) 土の兄。大きな山等。
巳(つちのと) 土の弟。畑や田。
庚(かのえ) 金の兄。研磨前の宝石、鉄鉱石等。
辛(かのと) 金の弟。研磨した宝石等。
壬(みずのえ) 水の兄。川や海。
癸(みずのと) 水の弟。雨や霧。

十二支とは

木星の公転周期、12年をもとに天空を12等分したのが始まり。もとは、数字と同等の扱いでした。

ですが、時代の変遷とともに、生命のライフステージがそれぞれの文字にあてがわれるように。

それを、多くの人に使ってもらえるようにと、特徴に合う動物があてがわれたのです。

名称(読み) 特徴
種に命が宿る。繁栄、社交的。
種の中に芽ができた。根気、マメ。
芽が出た。勇敢、気まま。
芽が伸びて地面をカバーした。発展、控え目。
植物として完成。権威、自尊心が高い。
植物が育ち切った。やり直し、理知的。
実がつき始めた。豊かさ、柔軟。
実が食べられる状態になった。家庭の安泰、やさしい。
実が熟する。賢さ、明るい。
実が熟しきった。商売繁盛、真面目。
植物が枯れた。忠誠心、実直。
生命力が種に閉じこもる。一心不乱、忍耐。
編集部が選んだNo.1占い師「香桜(かおん)」さん 香桜(かおん)先生

占いの特徴

仕事や恋愛を占うなら「香桜(かおん)」。偏りなくとてもバランスよく両方が当たる占い師で、この名前は占い業界では知らない人がいないほど。

全国からの客が押し寄せ実店舗では対応が追いつかなくなり、電話占いウィルで全国を対象に占い活動を行う。サイトでは「初回3000円無料」で、しかも初回は優先して占ってもらえるため、大盛況している。

占いのスタイルは徹底した霊感占いで、それに頼り切っているだけに、その能力は圧倒的。ジャンルとしては恋愛から人生、仕事などを幅広く占えることに強みを持つ先生。芸能人からの信頼も厚く、非常に親身になってくれる実力のあるお姉さま占い師といえる。

ちなみに香桜先生はかなりの人気。WILL登録後にはすぐに予約をして鑑定を待とう。

営業詳細

住所 なし 大手電話占いhttps://d-will.jpで活動中
料金 初回は3000円無料で試すことが可能。 以降、1分420円。
営業 24時間営業(占い師のシフトはあり)

口コミ情報

占いを受けた人のイメージ

テレビで見かけて香桜先生に依頼しました。占ってもらったら仕事も恋も、人生そのものが前に進んだ感じでホントに感謝です。雑誌やテレビで見たときには半信半疑でしたが、実際に占いを受けてみると分かった。この人の能力、ハッキリ言って凄すぎます(31歳 女性)

※3000円無料は初回登録時だけで2度目はありません。失効させては大損なので、WILL登録後には必ず占い利用をしましょう。香桜先生が埋まっていたら「天河りんご先生」や「キララ先生」もオススメです。

この記事と一緒に読まれています

使って良かった占いサイトランキング

確認されているだけで70サイトを超える占いサービスのなかから、口コミ情報をもとに厳選したランキングを公開。都度人気指数の変動に応じて更新をしていきます。

カリス

カリス

東証一部上場グループが運営する『カリス』。 サービスの質、料金の安さ、ともに他を引きはなしている印象です。安心でクリーンな運営はもちろん、圧倒的に占い師の腕がすごい。

しかも朗報です。当サイトからのご利用でなんと「初回最大10分間無料(2400円無料権)」が付与されるんです!(株式会社ティファレトさん、本当にありがとうございます!) まだカリスを使ったことがない方限定なので、まだ利用したことがない人は必ずここから初回10分無料権を受け取って、それを使って利用してみてください。

(提供元:ティファレト)

ピュアリ

ピュアリ紹介

何と言ってもピュアリは電話占いの最大手。よって信頼性はもちろんですが、このピュアリ、お客さんの満足度がとにかく高いサービスなんです。 占いの質だけにこだわって、お客さんに満足してもらおうというコンセプトで、無料登録時のメールアドレスにも営業メルマガが届くことも非常に少なく、そういった意味でも末長く安心して利用できるサービスと言えるでしょう。最近あらためて人気が上がり、テレビや雑誌メディアもこぞって紹介し始めているので、予約が取りづらくなる前にトップ占い師たちにみてもらいましょう。

現在、10分間無料で占いを受けられる無料登録特典が付いていますので、それを使いつつ、一度レベルの高さを確かめてみてください。

WILL(ウィル)

ウィル紹介

復縁のスペシャリストがゾロリ。私の感覚では、ウィルは復縁や縁切りなどの難しい恋愛に特化したサイトといっても過言ではない、そんな印象です。その代表格がTV番組でもたびたび登場する看板占い師「天河りんご先生」です。見た目は派手ですが異常なほどの能力を持っています。恋愛、復縁で困ったら何よりもまずはこの先生です。

渋谷や池袋の一等地に実店舗での営業をしており、かなり信頼性が高いウィルですが、私は実店舗よりも電話占いをオススメしています。 なぜかというと、電話占い初回利用の人にはなんと3000円分の無料クーポンを贈呈中だから。今のところ、非常にいたれり尽せりな状態なので、正直利用しない手はない感じですね。

-干支(十干十二支)

Copyright© zired , 2022 All Rights Reserved.