手相占い

どんな線がある?手相線の種類・模様【完全ガイド】

更新日:

どんな線がある?手相線の種類・模様

著者・監修者:zired この記事の著者・監修者
zired(ジレット)
占いの専門集団が編集する占いメディア。プロフィール編集指針

手相には、とてもたくさんの種類があります。

感情線や知能線、生命線など、誰でも一度は聞いたことがあり、ほとんどの人に存在する線もあれば、マスカケ線など、あること自体が喜ばしい線もあるのです。

しかし、そのどの線にも共通していえるのが、線は必ずしも一本のまっすぐではないということ。

切れ切れになっていたり、二股に分かれていたりと、線の状態はさまざまでしょう。

それら線の状態は、そのとき見ている手相によって独特の解釈をする場合もありますが、たいていの場合、共通した大元の意味合いがあるものなのです。

それを覚えておくと、手相を見るときに大いに役立つでしょう。

この手相占いが本当に凄い

手相座

この手相イラストは実際に占ってもらったオリジナルの手書き鑑定書です。噂には聞いていたものの、当たり過ぎていて鳥肌が立ちました。こちらは、「手相座(てそうざ)」という占い師ネームで、ココナラというサイトでオンライン鑑定をしていらっしゃる手相師のものです。 手相分析の完全オリジナルイラスト鑑定書が2枚付いてなんと5000円。サービスの質、料金の安さ、ともに他を引きはなす圧倒的な高水準です。

もちろんその分析も、私のことを知っているかのような当たりぶり。手書き鑑定書を頂けるのは良くて、今でも週に1度は読み返していますし友人との話題にかなり使えます。手相の写真を送ってから丁寧に鑑定して手相イラストを書いてもらえますのでまだやってない人は絶対にやるべきです。

現在の価格300円OFFクーポンで『5000円 ▶︎4700円

どんな線がある?手相線の種類・模様

手相としてあらわれる線にはいろいろな状態のものがあります。

それぞれの主だった意味合いは次のとおりなので、ぜひ覚えておきましょう。

 

支線

支線

支線とは、みるべき手相の本来の線から、新たに別の線が伸びている、分岐しているもののこと。

支線は基本的に運気の変化を示しており、それまでとは別の道がひらける、もしくは存在すると読み取ります。

いずれにしろこの時点ではそれが吉兆か凶兆かは分からず、単純に別の選択があるということをあらわしています。

 

ふたまた線

ふたまた線

ふたまた線とは、みるべき手相の本来の線、その先が枝分かれしているもののこと。

ふたまた線は基本的に吉兆ととらえ、運勢が好転していくことを示しています。

 

みつまた線

みつまた線

みつまた線とは、ふたまた線よりも一本多く枝分かれしているもののこと。

こちらも吉兆であり、運気がふたまた線の場合よりもよりいい方向に流れていくことを示しています。

 

房状線(ほうじょうせん)

房状線(ほうじょうせん)

房状線とは、見るべき線の先端に多数の房があるもののこと。

ぱっと見、線の先に複数の矢印やひらがなの“く”が並んでいるかのような状態です。

こちらは、勢いの停滞や衰退をあらわすものですが、運気そのものが悪くなるわけではなく、一時的なこと。

本人の心身の疲れや衰えが原因となっている場合が多いです。

 

合流線

合流線

合流線とは、二本の線が合体して一本となっているもののこと。

ふたまた線とは始点と終点が逆になり、終点側が一本となっているのが合流線です。

ふたまた線と合流線を見誤らないためにも、見るべき手相のそれぞれの線において、どちらが始点でどちらが終点なのか、きっちり覚えておくようにしましょう。

合流線は基本的に、見るべき本来の線の意味合いを強める働きをします。

そのためたいていの場合は吉兆ですが、もし本線に他の良くない特徴があったとしたら、その意味合いが強まるケースもあります。

 

鎖状線(さじょうせん)

鎖状線(さじょうせん)

鎖状線とはいくつかの線が複雑に絡み合って、まるで鎖のように見える一本の線を作り上げているもののこと。

輪っかが連なっているようにみえるのも鎖状線です。鎖状線は合流線とは逆に、見るべき本来の線の意味合いを弱める働きをします。

こちらの場合、本来は強調ですが、線によくない特徴があったり、線の存在そのものが悪い意味合いをもっているときは吉兆といえるでしょう。

 

波状線(はじょうせん)

波状線(はじょうせん)

波状線とは、クネクネと波打っている線のこと。その状態のとおり、運気が不安定で、まったく定まらないことを示しています。

行き着く先が幸運かどうかはまったくわからないので、ほかの線を一緒にみて運気を読み取るほうがいいでしょう。

線の状態が持つ意味合いは、だいたい以上です。

しかしこれらは、見るべき本来の線が持つ意味合いによって変わることも珍しくありません。

また、ほかの線との兼ね合いによって、いい意味に解釈することも可能でしょう。

たとえば、この線の意味が弱まるので、こちらの線が生きてくるなど。

ですから、杓子定規にこういった線はいい意味、悪い意味と覚えるのではなく、あくまでも傾向としてとらえておいたほうがいいでしょう。

ページ手相占い トップに戻る

TVでも怖れられた最強占い師「キララ」さん キララ先生

占いの特徴

TVでも怖れられた最強占い師、恋愛の絶対女王「キララ」。この名前は占い業界では知らない人がいないほど。店舗での営業も行われていますが、全国からの客が押し寄せ、対応が追いつかなくなり、数年前から電話占いウィルへも活動を広げたそうです。

占いのスタイルは徹底した霊感占い、タロット。それに頼りきっているだけに、その能力は圧倒的。ジャンルとしてはその名の通り、恋愛、特に難しい恋愛(復縁・絶縁・不倫・略奪愛)などに強みを持つ女王です。見た目はゴージャスですが、非常に親身になってくれるお姉さま占い師です。

営業詳細

住所 なし WILLで活動中
料金 初回は3000円無料で試すことが可能。 以降、1分400円
営業 24時間営業(占い師のシフトはあり)

口コミ情報

占いを受けた人のイメージ

テレビで見かけてキララ先生に依頼しました。復縁を諦めていた彼とバッタリ再開し、それをきっかけにLINEをしあうようになりました。雑誌やテレビで見たときには半信半疑でしたが、実際に占いを受けてみると分かった。この人の能力、ハッキリ言って凄すぎます(28歳 女性)

この記事と一緒に読まれています

-手相占い

Copyright© 占いメディア zired , 2024 All Rights Reserved.