恋愛の悩み

夫の後輩社員とダブル不倫関係に【浮気のあてつけ】その結果…

更新日:

浮気されて落ち込む女性

不倫ブログ紹介
【不倫ブログ】不倫にどっぷり浸かっていた私が薦める面白いブログ8選

不倫。それは絶対的な反社会的行為。 わかっていても、忘れられない。離れたくても、離れられない。当時の ...

続きを見る

不倫のきっかけは夫の浮気

現在30歳になる一般事務の仕事をしている子なしのバツイチ女性です。
私がダブル不倫をしたのは、夫へのあてつけです。

私が27歳、夫が37歳のときにお見合い結婚しましたが、夫は私と結婚して1年程経った頃から浮気をしていました。
そのことに気づいたのは結婚して2年経った、私が29歳のときのことです。
夫が仕事で出張だと言っていたのに、別の女性と某ブランドショップにいるところを目撃しました。
夫も私を視認して「あ!」という気まずそうな顔をしたのですが、その場では突撃せず、家に帰ってから問い詰めたのです。

夫曰く浮気相手の女性は20歳半ばで同じ会社に勤めおり、実はその女性は同じ会社に勤める男性社員と結婚しているようなのです。
その男性社員は夫の後輩、なんと夫はダブル不倫をしていたのでした。

夫からは「浮気相手の女性後輩社員から、夫の愚痴や相談を聞いているうちにそういう関係になった」、「もう別れる」と必死な様子で謝られました。
でもどうしても許せなくて、夫を利用しつつ浮気相手の女の方にも復讐できる方法はないかと考えたのです。

相手は夫の後輩社員

夫のダブル不倫が発覚してから色々考えて、夫には「浮気相手の女性にも思うところがあるから協力してほしい」と言いました。
そして夫の浮気相手である女性の夫、つまり私の夫の男性後輩を家に招くように伝えたのでした。

夫が何も知らない男性後輩を私達の家に招きました。
夫と男性後輩は元々仲が良かったようで、何も疑わずに家まで来てくれたのです。
料理でもてなしてして、ちょっと酔いがまわってきた頃に夫が「ちょっと買い出しに行ってくる」と私がお願いした通り、家を出ていきました。
男性後輩は自分が買い出しに行く、と言ったのですが、夫はいいからいいから、と抑えて家を出たのです。

家には私と男性後輩の2人きり、そこですかさず今回の計画を伝えました。
「実は私の夫とあなたの妻が浮気をしている。私達も浮気をしてお互いのパートナーに復讐しないか」と言ったのです。
男性後輩はなかなか信じませんでしたが、夫に言って預かっていた夫のスマホのlineトークを見せました。
そこには夫と男性後輩の妻の浮気を匂わすトーク履歴が沢山残っていた上に、男性後輩の妻が自分の夫を馬鹿にしている言葉も沢山載っていました。

これで信用してくれたようで、その日から私と夫の男性後輩はダブル不倫関係になったのです。
夫には「あなたの浮気を見逃すかわりに男性後輩と話しがある」としか言っていません。
ちょっとお互いのパートナーへあてつけに不倫してやろう、と軽い気持ちで関係を持ったのでした。

夫へのあてつけのつもりがダブル不倫にのめり込んでいくことに

ダブル不倫にのめりこむ歪んだハート
最初は夫へのあてつけでしたから、夫を不安にさせるために「今日はちょっと○○君(男性後輩)と話し合いしてくる」と言って出かけたりするだけでした。
男性後輩の方も、自分の妻に「今日は遅くなる」と言って家に帰る時間を遅らせたり、家の中で妻の目の前で楽しそうにスマホを触っていたようです。
こうしたことをしていると、あからさまに浮気を匂わさなくても「もしかして浮気?」と不安になるみたいで、夫も後輩男性の妻も、精神的に不安定になっていきました。

ダブル不倫を始めて最初の半年は、私達に体の関係はありませんでした。
lineだけ交換してお互いのパートナーの様子を報告しつつ、鬱憤が晴れたら関係を解消しようと決めていたのです。
しかしいつしか週1で会うようになり、最後の半年は体の関係ももっていました。
夫とは違う男性、戦友のような男性ということ、ダブル不倫という刺激にのめり込んでしまったのです。

終わりは不倫相手の男性の妻が懐妊したことから

ダブル不倫の終わりは唐突にやってきました、後輩男性の妻が妊娠したのです。
「実は妊娠したみたいで」と言われ、冷水を浴びたように頭が冷えました。
もしかしたら夫と別れた後、この人なら私を本当に愛してくれるかもなんて夢を見ていたのが、一気に現実に引き戻されたのでした。

「そっちは奥さんと別れるつもりはなかったの?」と聞くと、「だってあなたとはただ協力して復讐していただけですし」と突き放されました。
後輩男性はちょっと奥さんを不安にさせるくらいで気持ちがすっきりしたので、私のようにダブル不倫にはまってなかったのです。
後輩男性の妻に全部バラしてみようとも思ったのですが、もう何もかもどうでもよくなり、その場で関係を解消しました。

解消後は夫と別れて実家に出戻り

ダブル不倫があっけなく終わった後、夫には離婚届を渡して離婚しようと言いました。
夫は、自分の後輩と私が何やら関係を持っていること、それが自分へのあてつけということに気づいていたようです。
私の気が済めばまた元の鞘に収まると思っていたようで、離婚したいと言ったときに「え?俺を捨てるの?ちゃんと言う通りにしたのに」と混乱していました。
「これはあなたへの復讐でもあったから、離婚もその復讐の1つ」と言うと、もうどうでも良くなったのか素直に離婚に応じてくれました。

子供はいなかったので財産分与など適当に済ませ、私は実家に戻りました。
両親にはダブル不倫したことも、夫の浮気でこうなったことも言っていません。
夫からはしばらくの間「またやり直そう」などしつこく連絡がきましたが、全て無視しました。

まさかこんな結末になるとは思いませんでしたが、一応夫への復讐はできたので良かったです。
時々「後輩男性とその妻だけ元鞘に収まって憎い」という気持ちがありますが、今更言っても私がややこしくなるだけなので、墓まで持って行こうと思っています。

恋愛成就No1「桔坂理聖(きさかりせ)」

桔坂理聖先生

占いの特徴

ウィルという大手電話占いサービスで人気が爆発寸前の能力者。自宅にいながら占ってもらえるため、全国から固定客が付いて異常なリピート率を誇っている。都市部まで出るのが困難な人や、予約待ちが煩わしい人には特にオススメしたい。

未来を占う(未来視・過去視・未来予知・未来透視)ことに最も強みを持ち、その的中率の高さに口コミで広がった。いまも相談者が後をたたない。

なお、桔坂先生はかなりの人気が高騰中。今ならまだ占ってもらいやすいのでWILL登録後にはすぐに鑑定をしてもらいましょう。

営業詳細

住所 なし
https://d-will.jpで活動中
料金 1分350円 (※初回は3000円分クーポンを適用可)
営業 24時間営業(占い師のシフトはあり)

口コミ情報

占いを受けた人のイメージ

先生に未来を占っていただき、自分の希望通りになるようにアドバイスをいただき軌道修正できました。一緒にいたい人と一緒にいるために先生は欠かせない存在です。もし先生に会えていなかったら彼とも付き合えていなかったと思うとゾッとします。(31歳 女性)

この記事と一緒に読まれています

使って良かった占いサイトランキング

確認されているだけで100サイトを超える占いサービスのなかから、口コミ情報をもとに厳選したランキングを公開。都度人気指数の変動に応じて更新をしていきます。

LINE トーク占い

LINEトーク占い

来ました。みなさんお使いの『LINE』が占いに参入です。その名もLINEトーク占い。 サービスの質、料金の安さ、ともに他を引きはなしている印象です。料金は1分100円〜、占い師は日本全国の実力者が1000名と、とにかくすごいんです。

しかも朗報です。当サイトからのご利用でなんと「10分間無料」が付与されるんです!(LINEさん本当にありがとうございます) まだLINEトーク占いを使ったことがない方限定なので、まだ利用したことがない人は必ずここから10分無料時間を受け取って、それを使って利用してみてください。

ピュアリ

ピュアリ紹介

何と言ってもピュアリは電話占いの最大手。よって信頼性はもちろんですが、このピュアリ、お客さんの満足度がとにかく高いサービスなんです。 占いの質だけにこだわって、お客さんに満足してもらおうというコンセプトで、無料登録時のメールアドレスにも営業メルマガが届くことも非常に少なく、そういった意味でも末長く安心して利用できるサービスと言えるでしょう。最近あらためて人気が上がり、テレビや雑誌メディアもこぞって紹介し始めているので、予約が取りづらくなる前にトップ占い師たちにみてもらいましょう。

現在、10分間無料で占いを受けられる無料登録特典が付いていますので、それを使いつつ、一度レベルの高さを確かめてみてください。

WILL(ウィル)

ウィル紹介

復縁のスペシャリストがゾロリ。私の感覚では、ウィルは復縁や縁切りなどの難しい恋愛に特化したサイトといっても過言ではない、そんな印象です。その代表格がTV番組でもたびたび登場する看板占い師「キララ先生」です。見た目は派手ですが異常なほどの能力を持っています。恋愛、復縁で困ったら何よりもまずはこの先生です。

渋谷の一等地に実店舗での営業をしており、かなり信頼性が高いウィルですが、私は実店舗よりも電話占いをオススメしています。 なぜかというと、電話占い初回利用の人にはなんと3000円分の無料クーポンを贈呈中だから。今のところ、非常にいたれり尽せりな状態なので、正直利用しない手はない感じですね。

-恋愛の悩み

Copyright© zired , 2019 All Rights Reserved.