占い用語解説

東洋占星術とは?

更新日:

陰陽五行説のイメージ
東洋占星術とは?
東洋占星術の起源星を見ながら星座の位置を知り、黄道十二星座の「今日の運勢」を知る。これは今の西洋占星術による占いですが、東洋占星術は、紀元前4世紀ごろの古代バビロニア起源の惑星占星術を基にしています。星座を見るのではなく、惑星の様子を観察しながら、作物の出来・自然災害・流行病・皇帝の性格や治世を占っていたものです。自然の周期に着目した占いであることは西洋占星術も東洋占星術も同じですが、東洋占星術は星座でなく、惑星の動き中心に考えます。さらに後年は太陰暦と結びついていきます。

東洋占星術と暦・曜日

西洋占星術と東洋占星術の違いは、古代中国の「天文学国家独占」にも強く影響を受けているといいます。西洋占星術は、天体・地球の位置関係を精緻な数学を道具にして解明する作業を中心とし、ホロスコープという一人一人の生まれた日や現在の時間に合わせた「オーダーメイド天体図」を中心に占うものが多数を占めます。これに対して、月・火星・水星・木星・金星・土星の観測を中心とする中国起源の東洋占星術は、民間学術の限界までチャレンジしてきたという歴史を持っているものでもあります。古代バビロニア起源と言われる占星術はインドにも渡ります。占星術が暦と結びつくのはこの辺りからです。アジアの古い暦である「太陰暦」は、月の周期により、作物の出来を占い、農事歴の側面を強く持ちます。そして曜日は人間の休みも含めた「一週間の作業日程」を決める目安になってきました。これが占いの世界では、人間の宿命が曜日に宿る「宿曜」の考え方につながります。「宿曜」は28あり、ほぼ月の周期と一致しています。起源はお釈迦様の教えにも遡り、釈迦教などの仏教の書物にも登場すると言われています。

中国とインドの占星術の出会い

古代中国とインドの占星術は「本命星」「宿曜」を中心とする現代の東洋占星術・四柱推命などの他の占術にも影響を与えます。密教の秘技と言われていたこともあるインド起源の占星術は、中国の占星術と出会うと、暦から転じて「ものの法則性」に着目した実利的な占術になります。西洋占星術はのちに天文学と呼応する形で発展しましたが、インテリの世界に閉ざされていたことと対照的にどの社会階層にも浸透していきます。作物だけでなく、取引・結婚・出産などライフイベントにどんな日が適しているのか、宿曜・本命星から占うのが各流派共通したところですが、これに易学・気学・陰陽五行説の考え方が加わり、細かくこういう日にはこれをしてはならない、こういう日はこれをすべし、と言った「行動規範」に発展します。中国の唐の時代以降のことです。

日本の占星術

日本の先進国である唐から陰陽五行説とともに占星術を持ち帰った日本人は、その律儀な国民性もあってか、占いの結果によって「物忌み」(何をしても良くない日なので屋敷にこもる日)「方違え」(その居場所では災難が起こると言って居場所を変える)といった習慣が平安貴族の中で一般化しました。宿曜術の影響を特に強く受けていたと言われます。京都に「陰陽師」と言われる占い師がいたとされますが、東洋占星術に明るく、将来を予測する能力を持っていたため、権力者までが一目おく存在となっていたようです。現在寺社仏閣で売られている易断暦の中には、易占いだけでなく宿曜表・星祭表などの東洋占星術に関するページが多くありますが、あれは日本での東洋占星術の解釈の代表例であり、大安・仏滅といった吉凶についての考え方は、日本ならではの占星術の解釈であると言われています。貴族が好んだ占星術は、時が過ぎると神道とも結びつき農民文化とも融合し、生活の中に浸透していきました。吉日を生かして行事を行うことにより、自然界から来る目に見えないリスクを減らす。こうした考え方は私たちにとってもごく常識的であり、現代人も知らないうちに東洋占星術に影響を受けていると言えるでしょう。

まとめ

現代の私たちも知らず知らずのうちに東洋占星術の考え方を取り入れて生活しています。自然の法則を知って自然界から来るリスクを避ける、という考え方の本質にある「謙虚さ」を東洋占星術を通じて大事にしたいものです。

編集部が選んだNo.1占い師「天河りんご」さん 天河りんご

占いの特徴

編集部が選んだNo.1占い師「天河りんご」。偏りなくとてもバランスよく当たる占い師で、この名前は占い業界では知らない人がいないほど。

全国からの客が押し寄せ実店舗では対応が追いつかなくなり、電話占いウィルで全国を対象に占い活動を行う。サイトでは「初回3000円無料」で占ってもらえるため、大盛況している。

占いのスタイルは徹底した霊感占いで、それに頼り切っているだけに、その能力は圧倒的。ジャンルとしては恋愛から人生、仕事などを幅広く占えることに強みを持つ先生。芸能人からの信頼も厚く、非常に親身になってくれる実力のあるお姉さま占い師といえる。

ちなみに天河先生はかなりの人気。WILL登録後にはすぐに予約をして鑑定を待とう。

営業詳細

住所 なし 大手電話占いhttps://d-will.jpで活動中
料金 初回は3000円無料で試すことが可能。 以降、1分400円。
営業 24時間営業(占い師のシフトはあり)

口コミ情報

占いを受けた人のイメージ

テレビで見かけて天河先生に依頼しました。占ってもらったら仕事も恋も、人生そのものが前に進んだ感じでホントに感謝です。雑誌やテレビで見たときには半信半疑でしたが、実際に占いを受けてみると分かった。この人の能力、ハッキリ言って凄すぎます(31歳 女性)

※3000円無料は初回登録時だけで2度目はありません。失効させては大損なので、WILL登録後には必ず占い利用をしましょう。天河りんご先生が埋まっていたら「香桜先生」や「ルーシー先生」もオススメです。

この記事と一緒に読まれています

使って良かった占いサイトランキング

確認されているだけで70サイトを超える占いサービスのなかから、口コミ情報をもとに厳選したランキングを公開。都度人気指数の変動に応じて更新をしていきます。

LINE占い

LINE占い

来ました。みなさんお使いの『LINE』が電話占い業界に参入です。その名もLINE占い。 サービスの質、料金の安さ、ともに他を引きはなしている印象です。料金は1分100円〜、占い師は日本全国の実力者が1500名と、とにかくすごいんです。

しかも朗報です。当サイトからのご利用でなんと「初回10分間無料」が付与されるんです!(LINEさん本当にありがとうございます) まだLINE占いを使ったことがない方限定なので、まだ利用したことがない人は必ずここから初回10分無料時間を受け取って、それを使って利用してみてください。

ピュアリ

ピュアリ紹介

何と言ってもピュアリは電話占いの最大手。よって信頼性はもちろんですが、このピュアリ、お客さんの満足度がとにかく高いサービスなんです。 占いの質だけにこだわって、お客さんに満足してもらおうというコンセプトで、無料登録時のメールアドレスにも営業メルマガが届くことも非常に少なく、そういった意味でも末長く安心して利用できるサービスと言えるでしょう。最近あらためて人気が上がり、テレビや雑誌メディアもこぞって紹介し始めているので、予約が取りづらくなる前にトップ占い師たちにみてもらいましょう。

現在、10分間無料で占いを受けられる無料登録特典が付いていますので、それを使いつつ、一度レベルの高さを確かめてみてください。

WILL(ウィル)

ウィル紹介

復縁のスペシャリストがゾロリ。私の感覚では、ウィルは復縁や縁切りなどの難しい恋愛に特化したサイトといっても過言ではない、そんな印象です。その代表格がTV番組でもたびたび登場する看板占い師「天河りんご先生」です。見た目は派手ですが異常なほどの能力を持っています。恋愛、復縁で困ったら何よりもまずはこの先生です。

渋谷や池袋の一等地に実店舗での営業をしており、かなり信頼性が高いウィルですが、私は実店舗よりも電話占いをオススメしています。 なぜかというと、電話占い初回利用の人にはなんと3000円分の無料クーポンを贈呈中だから。今のところ、非常にいたれり尽せりな状態なので、正直利用しない手はない感じですね。

-占い用語解説

Copyright© zired , 2022 All Rights Reserved.